うつ病

・近年増加傾向
・一生涯のうち、7人〜15人にひとりがかかると考えられている
・女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)がこの病気(先天的なものも少なくないでしょう)にかかる確率(計算することは可能ですが、あくまでも目安でしょう)は、男性の2倍である

 
・真面目な人、正義感の強い人がかかりやすい
・一般に病名が広まる前は、「怠け病」とも呼ばれていた
・最近は、「こころの風邪(厳密に言うと、インフルエンザとは畭なります)」と呼ばれている

この辺まで挙げると、「あ〜、あの病気のことかな」と浮かぶ方がいるようです。になりますね。これは「うつ病(心の風邪なんて表現をされることが多いですが、治りにくさは風邪どころではないようです)」について述べています。

この病気(先天的なものも少なくないでしょう)は、日常のありふれた症状が多く、見逃されがちです。しかし、放っておいたら「死」につながりかねない病気なんです。
がんばればなんとかなるというわけじゃなくて、
病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)であるということを理解して、精神科(受診する前に電話やメールで問い合わせると、より適切な選択ができるかもしれません)を受診することがよくなることへの近道です。

うつ病(なかなか自分では自覚できないため、治療が遅れてしまうことも多々あります)という言葉(作家や作詞家なんかは特に優れたセンスを持っているでしょう)が、今のようによく知られていないかった以前は、
周囲からは怠けていると思われ、
自分自身でさえ落ち込んでいるだけだ、自分ががんばっていないだけだなどと思い込み、
病院にいかずに1人で抱え込んでしまうケースが多くみられました。

現在では、「うつ病(気分障害の一種であり、精神疾患です)」と言う言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が畭なるものです)自体は広まってきています。
しかし、実際にはまだまだ「うつ病」に関して知られていないのが実情です。

7〜15人に一人が「うつ病(本人だけでなく周囲のサポートが必要不可欠でしょう)」になる時代。

例え自分がそうならなくても、職場の方や友達など身近な方を含めて考えると、うつ病の人と接することはこれから増えていくはずです。私たちも、接する時に気をつけておきたいことを知っておいたほうがよさそうですね。

うつ病症状

・気分が晴れず、落ち込んでいる
・何ごとも悪い方に考えてしまう
・イライラする
・集中力や記憶力が落ちた
・今まで好きだったことが嫌いになる。

こんな症状がみられ、さらにそれが長く続く場合は、うつ病(心の風邪なんて表現をされることが多いですが、治りにくさは風邪どころではないようです)を疑ってみましょう。
落ち込む事は誰にでもありますが
その度合いと継続期間で鬱病(似たような症状の病気もあるので、診断がとても難しいでしょう)かどうかを判断できます。
うつ病(季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病など、発症のきっかけによる別名もあります)ともなると、落ち込み度合いも深く、期間も長い(二週間以上続く)のです。

見逃されがちなうつ病の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)があります。それは「仮面うつ病(身体的な不調の原因がわからず、いろんな科を受診するという人も多いでしょう)」というケースで特に高齢の人や、熱心に仕事をするサラリーマン(専門職や管理職などは除いた表現です)に多くみられ

・眠りが浅い、眠れない
・のぼせ(更年期障害や自律神経失調症の代表的な症状の一つです)や発汗、肩こり(長時間同じ姿勢を取り続けることで筋肉が疲労して起こることが多いようです)、便秘(およそ800万人もの人が悩んでいるといわれています)がある
・頭痛、胃痛、腹痛、下痢(軟便、泥状便、水様便ともいわれますが、やはり、下痢というのが一般的でしょう)などがある
・動悸がする

などの身体的な症状がでるとされています。近頃は、「過食」の症状が現れることもが多くなっています。

これらは、身体的な症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)であるので、
仮に病院に行ったとしても、内科や外科などを受診しがちで、見つかりにくいのです。
幾つかの科をまわっても原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)不明とされ
もしかしたら…という感じで、精神科受診へというケースも多いみたいです。

内科で「自律神経失調症」と診断されてた場合も気をつけなければならないのです。
見分けにくいことが多く、そう診断されたためにうつ病(なかなか自分では自覚できないため、治療が遅れてしまうことも多々あります)の薬をもらえず、
結果的に、長引いてしまったというケースがありますね。
「自律神経失調症(不定愁訴があるものの、病名がはっきりしない場合を指します)」と診断されて薬を飲用している方も、
なかなか治らない場合は、一度精神科を受診されることがオススメです。

うつ病チェック

うつ病は、進行がすすむと治療にも時間が掛かる疾患です。もしかすれね、自分や家族がうつ病(気分障害の一種であり、精神疾患です)かもしれないと思ったら、
すぐに確認してみる事をおすすめします。
自覚症状があって、初期の段階でみつけてが出来ればそれだけ治るのも早いですよ。

実は、病院に行かなくても、自宅でチェックできる方法があります。インターネットで「うつ病」「チェック」などと言ったキーワードを入れて検索してみて下さい。
クリニックのHPなど、簡単にうつ病チェックをできるサイトが幾つもヒットするとなっています。

内容は、
・何の気なしに、不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)でイライラすることが事も少なくない
・いつもより早く目が覚める
・夕方になると楽な気持ちになる
・食欲が落ちている
・ささいなことで自分をせめるようになった
などといった質問に、三択で答えたり、YESの場合だけチェックを入れ
その数を合計して診断したりと言った簡単な形が多いと思います。

サイトによってもチェックの内容は違います。
幾つかのサイトでチェックをやってみてもいいのかもしれません。診断チェックの結果が「専門の方に診てもらった方がよい」と出なくても少しでも気になった方は、病院で診察を受けることがおすすめです。
うつ病チェックサイトで病院紹介をしている所もあるので参考となるんです。

早めのチェック、早めの治療がうつ病の最善の対策です。自分でなく、周囲の親しい人が悩んでいるような場合もチェックをすすめてみてください。