慢性疲労とうつの違い

慢性疲労とうつは症状がにているため、誤診行っている方も多かれ少なかれあります。

では、この2つにはどのような違いがあるんでしょうか?

まず、症状は似ていますが、精神的症状はうつの方が重度です。慢性疲労でも精神状態が安定しない事もあるそうですが、うつはそれ以上に深刻です。

基本的に慢性疲労は精神的よりも肉体的症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)のほうが辛く、喜び(苦しみと表裏一体になっていることも少なくないみたいです)を感じたり、物事に興味を持つ事もできます。

うつの場合だったら喜びを感じることができませんし、物事に対して興味を持つことができません。そして、原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)にも違いがあります。

うつの場合はストレスが大きく関係していますが、慢性疲労の場合は肉体的な疲れや生活習慣が関係がある事が多いです。

勿論、ストレスによって慢性疲労になることもありますが、うつよりはそのケースが少ないと思っていいでしょう。

また、うつの場合は病院で治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)をしないと治すことが難しいんですねが、軽い慢性疲労でしたらゆっくりと休むだけで症状が改善する場合があります。